« 牛丼チェーン「すき家」でアルバイト労組結成 | トップページ | 「ルール破り」だと都合悪いから「ルール」を変更? »

2006年11月13日 (月)

「文学フリマ」という場所

061112

  11月12日(日)、東京都中小企業振興公社・秋葉原庁舎で開かれた「第五回 文学フリマ」に短時間、足を運んだ。

「文学フリマ」とは何か。当日、会場で配られたカタログ、最終ページにこうある。
 「『文学フリマ』は既成の文壇や文芸誌の枠にとらわれず〈文学〉を発表できる『場』を提供すること、作り手や読者が直接コミュニケーションできる『場』をつくることを目的としたイベントです。その意味するところは、〈文学〉を閉鎖的な営為の中から解き放つことであり、すべての人に〈文学〉の担い手となってもらうことでもあります」

 1、2階のフロアには、大学のサークル出店を思い出すような、150もの出展者、団体が思い思いの会報、同人誌、ディスプレーなどを狭いスペースに並べていた。多くは若者、ところどころ、かつての文学青年だった中高年の姿。コミケを思わせる、コスプレ系の着飾った女の子も各所に。

 企画の趣旨は、第一回にあたっての発起者・大塚英志氏の言葉に、よく表れている。
 「やはり問われるのは、『文学』がどこまで人に足を運ばせる力があるかです。お客さんが少なかったら、参加者同士、自著の物々交換会になるぐらいのつもりで来てください。また友人、家族その他、知り合いを一人でも二人でも引っ張って来て下さい。何か、マルチ商法みたいですが、そういう見苦しい努力も今の『文学』には必要と思います」(文学フリマ5周年記念文集より)

061112kurarute_1  私は、先ごろ、原稿執筆でお世話になった浅尾大輔さんからの情報で、初めて足を踏み入れた。http://blog.livedoor.jp/asaodai/
 浅尾さんたちは、「日本民主主義文学会 代々木支部」として『クラルテ』という会誌創刊号を持ち込んで、精力的に売り込みをしておりました。

 ただ率直に言って、この世界は未体験。どこから、手をつけたら良いのか、午後からの別の予定があり、時間がなくて取材にはなりませんでした。次回まで、仕込んでおくことにしよう。

|

« 牛丼チェーン「すき家」でアルバイト労組結成 | トップページ | 「ルール破り」だと都合悪いから「ルール」を変更? »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166660/12664716

この記事へのトラックバック一覧です: 「文学フリマ」という場所:

» 第5回文学フリマにて「日刊アキバ」が創刊? [「秋葉原」外神田7丁目のキセキ]
 12日に秋葉原の中小企業振興公社で行われた第5回文学フリマで講談社が「日刊アキバ」という夕刊紙に似た号外チラシを発行していた。これは近日創刊される講談社のアキバ系文学のプロモーション。 ... [続きを読む]

受信: 2006年11月13日 (月) 10時11分

« 牛丼チェーン「すき家」でアルバイト労組結成 | トップページ | 「ルール破り」だと都合悪いから「ルール」を変更? »