« 放送への圧力 「命令」でなく「カネ」で? | トップページ | 『災害復興ガイド 日本と世界の経験に学ぶ』 »

2007年2月16日 (金)

2006年国際収支発表 所得収支の伸張顕著に

 15日、内閣府から2006年10-12月気のGDP(国内総生産)速報値が発表されました。
 物価変動を除いた実質ベースで前期比1・2%増。年率換算で4・8%増。個人消費が2期ぶりにプラス、設備投資も順調、と市場の注目は、日銀の利上げ判断に向かっています。

 このGDPの中身も見なければならないのですが、まず先に14日付で財務省から発表された、2006年度の国際収支速報をみておきます。
 
 主な指標としては、
・経常収支 19兆8390億円(前年8・7%増)
  (海外とのモノ、サービス全体の取引)
 その内訳である、
・貿易収支  9兆4596億円(同8・5%減)
  (主にモノの取引)
・サービス収支 ▲2兆1258億(同19・5%減)
・所得収支  13兆7449億円(同20・8%増)
  (企業が海外に持つ資産からの収益)

 経常収支の黒字額は過去最高。
 そして、もっとも特徴的なことは、2年連続で貿易収支を、所得収支が上回ったことです。所得収支の大幅な増加は、日本企業の多国籍化がすすみ、海外投資からの収益で稼ぐようになった現れ、と言われています。

 しかし、昨年の所得収支増については、大幅な円安が進んだ影響が大きく、一気に貿易収支を抜き去ったように見えますが、経過をみる必要があるでしょう。

 いずれにしても、経常収支の中身をみてみる必要があり、今後、またノートをしたいと思います。

参照 
◆財務省 国際収支状況(速報)
http://www.mof.go.jp/bpoffice/bpdata/pdf/bpcy06.pdf

◆ みずほ総合研究所 「調査リポート」 国際収支(2006年12月)
http://www.mizuhori.co.jp/research/economics/pdf/indicator/balance070214.pdf

|

« 放送への圧力 「命令」でなく「カネ」で? | トップページ | 『災害復興ガイド 日本と世界の経験に学ぶ』 »

GDP」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166660/13927101

この記事へのトラックバック一覧です: 2006年国際収支発表 所得収支の伸張顕著に:

» 日銀の市場介入とは? [資産運用 atch com : 資産運用基本講座]
なぜこれほどまでに日銀は金融関係者に注目されるのかといいますと、日銀がさまざまな形で市場の相場形成に影響を及ぼしているからです。 [続きを読む]

受信: 2007年2月16日 (金) 23時15分

« 放送への圧力 「命令」でなく「カネ」で? | トップページ | 『災害復興ガイド 日本と世界の経験に学ぶ』 »