« NHK番組改変事件 高裁判決シンポジウム | トップページ | 人の姿が見える地域の時代と協同組織金融機関 »

2007年3月 4日 (日)

ライブドアで労組結成

 首都圏青年ユニオン が 「ライブドア」の従業員の解雇問題で「ライブドアユニオン」 が結成されたことを発表しました。

http://www.labornetjp.org/labornet/news/2007/1172839265044staff01

2007年3月2日  

株式会社ライブドアは、経営不祥事の責任を従業員に押し付けることなく社会的責任を果たすよう求めます

 株式会社ライブドアは、2007年4月より分社化し、持株会社であるライブドアホールディングスとメディア、ネットワークを中心とする事業会社に分かれることが決まっています。そうした再編の余波でライブドアニュースなどの報道部門が閉鎖されることとなり、2007年1月29日、株式会社ライブドア代表取締役平松庚三氏より報道部門で働く従業員二十数名に対して突然の解雇通告がなされました。ライブドア側は、これは解雇ではなく、退職勧奨であると言い訳をしていますが、4月以降の雇用保障についてのなんら検討・提案すらないままの一方的な部門閉鎖であり、事実上の解雇といわざるをえません。

 株式会社ライブドアの一連の不祥事についての経営責任を果たすというならば、単に事業の継続のために事業再編をおこなえば事が足りるということにはならず、そこで働いていた従業員の雇用と生活に配慮することは当然のことです。

 株式会社ライブドアは、経営の不祥事の責任を一方的に一部の従業員に押し付けるべきではありまぜん。株式会社ライブドアが「事業再編」の名の下に従業員の解雇・退職勧奨を強要することが社会的責任を果たすことではありません。私たちは、株式会社ライブドアが企業の社会的責任を名実ともに果たしていくことを求めて、ここに労働組合ライブドアユニオンを結成しました。

 「退職勧奨」、いわゆる「肩叩き」には、いっさい応じる必要はありません、とお役所も説明しています。今後を注目していきます。

 http://www.pref.saitama.lg.jp/A07/BL00/so-dan/jireishu5-3.html

|

« NHK番組改変事件 高裁判決シンポジウム | トップページ | 人の姿が見える地域の時代と協同組織金融機関 »

賃金・雇用」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166660/14127062

この記事へのトラックバック一覧です: ライブドアで労組結成:

« NHK番組改変事件 高裁判決シンポジウム | トップページ | 人の姿が見える地域の時代と協同組織金融機関 »