« 東洋経済・大特集「ニッポンの医者・病院・診療所」 | トップページ | メーデー高い舞台の発言から »

2007年5月 1日 (火)

映画『ボンボン』 を見ました

Bonbon とても楽しみにしていた、映画『ボンボン』を有楽町・シネカノンに見に行きました。 http://www.bombon-movie.com/

GWで満員ではなかったものの、6,7割の入りでしょうか。動物モノのコマーシャルにもかかわらず、子供さんはかなり少なかったようでした。

この映画、「ドゴ」という日本ではあまり知られていない犬種が、「幸福を呼ぶ白い大きな犬」として登場します。しかし、犬が主役ではないところが、ミソですね。

私の映画体験で言えば、『自転車泥棒』とかイタリアン・ネオ・リアリズムの味わいがあります。
不況でリストラされ、人生の最終盤を迎え、とてもみじめな境遇に。それでも、自分の過去を肯定的に負けじとやっていこう。そんなパートナーとして、白い巨犬が笑いを運んできてくれる。

脚本が良くできているなーと思えるところと、出演者がほとんど、一般人というのも魅力になっている。主役のボンボンの飼い主と、とサブ主役の調教師は、本名が映画の役名になっていました。

2004年、アルゼンチン映画、97分。 

|

« 東洋経済・大特集「ニッポンの医者・病院・診療所」 | トップページ | メーデー高い舞台の発言から »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166660/14906714

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『ボンボン』 を見ました:

« 東洋経済・大特集「ニッポンの医者・病院・診療所」 | トップページ | メーデー高い舞台の発言から »