« 20日は「全国青年雇用大集会2007」 | トップページ | 規制改革会議 労働者保護全廃を提言 »

2007年5月20日 (日)

青年雇用大集会に参加しました

070520seinen20日、正午から3時過ぎまで開かれた「5.20全国青年雇用大集会2007」の会場を訪れました。

ステージからは、非正規雇用、偽装請負など、現在の雇用問題の矢面に置かれ、「これでは生きていけない」と声をあげている人たちの発言がありました。 

 司会者から「こういう場で、マイクで自分のことを話すことは、とても勇気のいることです」とのコメントが出されていましたが、ほんとうにその通りです。

 逆に言うと、大多数の人たちが、きつくても「声を上げられない」状況をどう考えるのか。なぜ働けないのは「自己責任」という発想が、横行してしまうのか。変化のためには、実態の社会的告発をさらに行って、追い込まれたら正等に声をあげるのだ、それが人間として当然なのだという、その条件を広げていく必要があると思います。

 そういう意味で、ジャーナリズムの役割はとても大事になっています。

 昨日の最年少組合員の記事は、今日の「東京新聞」でも取り上げています。「茶髪」を理由に解雇されかけた、「少女」のたたかいを、青年ユニオンの交渉の様子を交え、書いていました。

 http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2007052090074229.html

|

« 20日は「全国青年雇用大集会2007」 | トップページ | 規制改革会議 労働者保護全廃を提言 »

賃金・雇用」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166660/15139202

この記事へのトラックバック一覧です: 青年雇用大集会に参加しました:

« 20日は「全国青年雇用大集会2007」 | トップページ | 規制改革会議 労働者保護全廃を提言 »