« グッドウィル 違法派遣VTR(NHK 17日夜ニュース) | トップページ | 生活保護打ち切りで福祉事務所を刑事告発 »

2007年8月22日 (水)

東京新聞 埼玉知事選ドキュメント

 16日付、「東京新聞」埼玉面が、26日投票で行われている埼玉県知事選に関する「ドキュメント」を掲載しました。

 よく取材された記事で、選挙記事としても、今の日本の平和、憲法をめぐる問題を考える際にも、ふりかえりたい内容でした。

 【埼玉】ドキュメント’07知事選 終戦記念日 平和への思い訴え
2007年8月16日「東京新聞」

 知事選二候補の主張の対比は、とても明白です。
 従軍慰安婦は、「日本軍が強制したという証拠はなく従軍ではない」という現職の候補。「九条は、条文を素直に読むと戦力を持たないことになるが自衛隊は現実にも法律によってもある。憲法条文は現状に合っていない」と9条改憲を、はっきり明言。

 対する女性候補は、「憲法を改正する必要性はない。武力では何も解決しない。六十年以上前に制定された憲法は既にそのことを言っており素晴らしい」と。

 そして大事なことは、こういう平和と憲法の問題に、有権者、国民が、何をもって選択するかです。

 戦没者追悼式に出席した方の、「話しきれないほど苦しんだ。戦争は二度としたくないし、してはならない」。そして、「戦争中は夢中だったけど、後になってみれば上からだまされたようなもんだ」という言葉も、重いものがあると思います。

 《平和》の大切さは、誰もが否定はしません。ただそこで、《平和》を語るときに、過去の歴史をどう受け止めているのかが、おのずと問われます。少なくとも、歴史の事実を認めない見解には、ふたたび「だまされたくない」と思います。

【埼玉】ドキュメント’07知事選 終戦記念日 平和への思い訴え
2007年8月16日「東京新聞」

「私たちが幸せに生きていられるのは、戦死した多くの人たちがいるから」

 十五日午前八時半すぎ、川越市の農業島村栄さん(81)は、東京・日本武道館で開かれる全国戦没者追悼式に向かう西武線特急電車の中で戦没者への感謝の念を表した。

 十歳ほど年上の兄新一さんは二十七歳の時、中国で戦死した。「駅で見送った時はボロボロ涙がこぼれた」。島村さんも終戦直前に神奈川県で厳しい演習を経験。一九四五年八月のソ連の対日宣戦布告後、上官が「生きて帰れないだろう」と言ったのをはっきり覚えている。「話しきれないほど苦しんだ。戦争は二度としたくないし、してはならない」

 同十時ごろ、九段会館(東京都千代田区)に県内から二百四十三人の遺族が集まった。中国に出征していた兄が二十一歳で戦病死したという川越市の農業山田信二さん(80)は「戦争中は夢中だったけど、後になってみれば上からだまされたようなもんだ」とつぶやいた。

 父が硫黄島で玉砕したという別の遺族は「大量殺戮(さつりく)兵器を使ったアメリカの大統領は謝罪すべきだ。戦争は勝者が正義というわけではない」と力を込める。

 小泉純一郎前首相の靖国神社参拝が伝えられると拍手が起こった。午前十時半ごろ、県内の遺族は「埼玉県」と書かれた旗を掲げ、日本武道館に入った。

 ×  ×

 追悼式で黙祷(もくとう)が行われてしばらく後の午後零時半、上田清司氏は入間市役所前に到着。約二十秒間、支援者らとともに戦没者に黙祷をささげ、「戦争は日本にとって重い経験」との思いを新たにした。

 従軍慰安婦問題について「慰安婦はいた。日本軍が強制したという証拠はなく従軍ではない」とあらためて強調。憲法については「時期や必要に応じた改正は基本的に大事。九条は、条文を素直に読むと戦力を持たないことになるが自衛隊は現実にも法律によってもある。憲法条文は現状に合っていない」との考えだ。

 上田氏は「悲惨な歴史を忘れることなく途切れることなく語り継いで、反省と経験を生かして平和な社会を構築するためこれからも頑張りたい」と表情を引き締めた。

×  ×

 「熊谷では大空襲で多くの人が終戦を数時間後に控えて命を落とした。戦争を二度と繰り返さない。それが国民の思い」

 吉川春子氏はこの日午前、東武東上線坂戸駅前で、戦争反対の思いをマイクにぶつけた。照りつける太陽。街宣車の上に立つ吉川氏は日傘と帽子で日差しを遮りながら演説。「憲法を守り、暮らしに生かしていく」と締めくくった。

 吉川氏は「憲法を改正する必要性はない。武力では何も解決しない。六十年以上前に制定された憲法は既にそのことを言っており素晴らしい」と主張する。

 「戦争は若者たちの将来をめちゃくちゃにし奪ってしまう。八月十五日は、戦争というのはどういうものか皆でよく考える日にしたい」と力を込め、車に乗り込んだ。

(萩原誠、土門哲雄、橋本綾香)

|

« グッドウィル 違法派遣VTR(NHK 17日夜ニュース) | トップページ | 生活保護打ち切りで福祉事務所を刑事告発 »

ジャーナリズム」カテゴリの記事

平和・憲法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166660/16202936

この記事へのトラックバック一覧です: 東京新聞 埼玉知事選ドキュメント:

» 「靖国派」を落とそう!埼玉県版 [大津留公彦のブログ2]
「靖国派」を落とそう!埼玉県版 [続きを読む]

受信: 2007年8月25日 (土) 00時19分

» 埼玉県知事選、行く? [弱い文明]
少なくとも「投票はあなたの大切な権利です。民主主義を守りましょう!」なんて掛け声のもと、内実は民主主義を軽蔑する知事を(わかっていて)再選させる手続きに参加するだけなら、参加しないということも意識的な選択肢でありえる、と僕は思う。投票率が高けりゃいいってもんじゃない。... [続きを読む]

受信: 2007年8月25日 (土) 02時00分

« グッドウィル 違法派遣VTR(NHK 17日夜ニュース) | トップページ | 生活保護打ち切りで福祉事務所を刑事告発 »