« 湯浅さんが「ネットカフェ」調査について(NHK「視点・論点」) | トップページ | 工藤晃さん『経済学をいかに学ぶか』出版記念の会 »

2007年9月 8日 (土)

2008年一般予算概算要求での動き

 このブログでは、財政問題の動きのフォローをするつもりでしたが、あまり投稿ができていません。2007年予算の概算要求が査定作業に入ったところで、参院選後の主な動きを箇条書きにしておきます。

 消費税増税の動きは、まだ固まったわけではないでしょうが、この秋に増税の成案完了というスケジュールは、後送りになりそうです。

 社会保障は、医療、年金など社会保障費の伸びを背景に、自然増7500億円に対し、2200億円を削減し、5300億円の増に抑えるものになっています。

 以下、時事ドットコムの記事検索より抜書きです(一部、独自に加える)。

2007/09/07 消費税上げ「09年度までに」=額賀財務相
 額賀福志郎財務相は7日、日本外国特派員協会での講演で、消費税引き上げを含む税制の抜本改革について「2009年度までに確実に示さないといけない」と述べた。/ 財務相は「社会保障費の負担増は必至で、景気が悪い時でも安定した財源を確保する必要がある」と述べ、増税は不可欠との考えを強調。民主党が消費税引き上げに反対していることに関しては、「民主党もこの土俵の上に立って、共通の課題として認識してもらいたい」と述べ、ねばり強く理解を求めていく考えを示した。

2007/09/05 財政再建は経済成長が前提=額賀財務相、米紙に見解
 【ニューヨーク5日時事】額賀福志郎財務相は5日、米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)とのインタビューで、日本の財政再建の前提として、経済成長を軌道に乗せる必要があるとの見解を示した。/財務相は「税収がなければ、日本は財政の立て直しが不可能だ」とした上で、「まず、われわれは成長を軌道に乗せなければならない」と強調した。今後、法人税や消費税を含む広範な税制改革論議が行われる見通しだが、財務相は決定の時期は示さず、決定過程が長くなることを示唆した。

2007/09/03 予算査定作業がスタート=財務省
 財務省は3日、2008年度予算の概算要求が出そろったことを受け、各省庁が提出した要求内容を査定するためのヒアリング作業を始めた。

2007/09/02 消費税の議論は必要=与謝野官房長官
 与謝野馨官房長官は2日午前のテレビ朝日の番組で、秋から始まる税制の抜本改革論議に関し、「消費税の議論はしなければいけない」と述べた。その上で、「法人税、所得税、その他の税制のあり方も議論し、同時に年金や健康保険、介護保険など社会保障制度がこれで持続可能なのか議論する必要がある」と強調した。

2007/08/31 F15戦闘機を沖縄配備=中国軍近代化に備え-防衛省
 防衛省は31日、沖縄県の航空自衛隊那覇基地にF15戦闘機の部隊(約20機)を配備する方針を決めた。急速な中国軍の近代化などに対応するため、現在の旧型F4戦闘機の部隊(約20機)を、茨城県百里基地のF15の部隊と入れ替える。2008年度予算概算要求に組織改編として盛り込んだ。

2007/08/30 一般会計85兆7100億円=過去2番目の高水準-08年度概算要求
 財務省は30日、2008年度予算の概算要求で、一般会計の総額が85兆7100億円程度に達するとの見通しを明らかにした。07年度当初予算(82兆9088億円)比3.3%増え、04年度に次ぐ過去2番目の高水準となる。国債の償還や利払いに充てる国債費が同5.7%増の22兆2000億円と過去最高に膨らむほか、地方自治体の財源不足を補う地方交付税交付金も同8.6%増の16兆2300億円となる。

2007/8 /27 額賀財務相、消費税増税の成案、「今年度中に努力」 
 27日の安部改造内閣発足後の記者会見で、消費税の増税について、2007年度中に成案を得る努力をするとの考えを示した。今秋に予定している税制の「抜本改革」について、「消費税の問題も含めて議論をしていくことが必要だ」と強調した。
 《この項目は、しんぶん赤旗、8月29日付より》

2007/08/15 政管健保の国庫負担削減へ=組合、共済が肩代わり-厚労省検討
 厚生労働省は15日までに、中小企業の会社員らが加入する政府管掌健康保険(政管健保)への国庫負担などを削減し、大企業の会社員らが加入する健康保険組合や、公務員が加入する共済組合に肩代わりさせる方向で検討に入った。年金や医療などの社会保障費の伸びを2200億円圧縮するとした2008年度予算概算要求基準(シーリング)を踏まえたもので、来年の通常国会に関連法案を提出する方針。

2007/08/09 概算要求基準を了承=一般歳出は47.3兆円-諮問会議
 政府の経済財政諮問会議は9日、2008年度予算の概算要求基準(シーリング)を了承した。医療、年金など社会保障費の伸びを背景に、政策に充てる一般歳出の上限は47兆3000億円と、前年度当初予算に比べ3000億円強増加。地域活性化などの重点分野を対象に、6000億円の特別要求枠を設けた。自民、公明両党も同日、シーリングを承認した。10日に閣議了解する。

2007/08/07 公共事業費、3%削減を明記=予算編成の指針決定-諮問会議
 政府の経済財政諮問会議は7日の会合で、2008年度予算編成の方向性を示す「予算の全体像」を決定した。公共事業費は前年度当初予算比3%減とすることや、社会保障費の伸びを2200億円圧縮することを明記した。/ 尾身幸次財務相は会合で、シーリングでは前年度と同様の歳出削減を続ける一方、地域活性化などに重点配分する考えを改めて示した。政府はこれらの分野を対象に3000億円程度の特別要求枠を設ける方針だが、与党からの強い要望を受け、増額も検討する。

|

« 湯浅さんが「ネットカフェ」調査について(NHK「視点・論点」) | トップページ | 工藤晃さん『経済学をいかに学ぶか』出版記念の会 »

税財政」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166660/16383576

この記事へのトラックバック一覧です: 2008年一般予算概算要求での動き:

» どんとこい日本 [どんとこいブログ]
なんか好きなんですよね。 どんとこいっていう言葉。 だからブログのタイトルにしてしまいました。笑 かかってこいみたいな意味と捕らえていいのかどうかも自分でも謎でございます。笑 でもちょっと響きがいいのでこのコトバに関するブログを書いていこうと思います。 今日のどんとこいは・・・ 日本。笑 日本という平和な国に生まれたようだけれど ... [続きを読む]

受信: 2007年9月 8日 (土) 18時58分

» 介護保険で福祉用具を買えます(1部負担) [介護保険をきちんと利用する]
介護保険は排泄介助とか入浴介助といったいわゆる身体介護だけに適用されると思いがちですが(って私だけ?)、車椅子とか介護用ベッドなど福祉用具や介護予防の福祉用具の購入にも使えるらしい。いったん全額を利用者が負担して購入して、その後で申請すると介護保険による給付金として戻ってくるという流れ。でも、どんな商品でもOKなはずはなく、そこはちゃんと決まっているそうな。では、介護保険の適用対象となる福祉用具であることは、どこでわかるのでしょうか�... [続きを読む]

受信: 2007年9月19日 (水) 23時26分

« 湯浅さんが「ネットカフェ」調査について(NHK「視点・論点」) | トップページ | 工藤晃さん『経済学をいかに学ぶか』出版記念の会 »