« 北九州市餓死事件の告発状を読む(素人ながら) | トップページ | 湯浅さんが「ネットカフェ」調査について(NHK「視点・論点」) »

2007年9月 4日 (火)

2日、青年ユニオン、すき家残業代払え 大宣伝

  首都圏青年ユニオンが2日、午後2時半から、ごったがえす渋谷で街頭宣伝にうって出ました。

 ぜひ、組合員さんたちの活躍を目にしたいと思い、足を運びました。

 午後2時半から、センター街と、「すき家」店舗前で宣伝。

 午後3時すぎからは、渋谷駅ハチ公前で宣伝車の上から、マイクで訴えました。

Shibuya_sukiya_senden

見ていて、本当に胸のすく、というか、気持ちよい思いが湧いてきました。

 休日の午後とあって、若い人中心に、周りは人がいっぱい。右のチラシを、歩いている人、お店で働いている人に、1枚1枚手渡しながら、ハンドマイクで、にぎやかに進んでいく、青年ユニオンの1集団。

 当日のマイクの宣伝内容を、一部、書いておきます。

「渋谷センター街のみなさん、こんにちは 首都圏青年ユニオンです。
いま、渋谷から残業代を払わない会社を一掃しようキャンペーンをやっています。

私たちは昨年、大手外食チェーン牛丼『すき家』と交渉し、残業代を法律どおり払うように改めさせました。しかしまだ、払っていない過去の分があります。
時給で働くアルバイトにとって、残業代が支払われないと賃金が減ることになります。
ただでさえ、正社員との賃金格差がある中で、これ以上の賃金格差はもう我慢できません。

渋谷から残業代を払わない会社を一掃し、青年が安心して働ける社会を目指しましょう。

牛丼すき家は残業代を法律どおり払え!
牛丼すき家はユニオンとの断行に応じろ!
牛丼すき家は時給をもっと上げろ!
残業代を払わない会社は違法だー!
有給休暇を使わせろー!」

 「断行に応じろ」というのは、過去にさかのぼって、残業代の支払いを求めている青年ユニオンに対して、経営者は団体交渉に応じないという違法行為を続けているからです。つまり、労働組合の存在を認めていない。

そればかりか、すき家のユニオン組合員を、シフトから意図的に外して、「働かせない」差別まで行っている。こんな無法が、通っていいのかー。

「ゆにおん、ってなにー?」。周りを歩く、若い子達も、興味しんしん。携帯で宣伝の様子を撮る女子高生や、どんぶりのかぶり物をした組合員と記念撮影に収まる人たちも、見受けられました。

 NPO「もやい」の湯浅誠さんも応援にかけつけ、ハチ公前での宣伝カーでも、マイクをにぎりました。

|

« 北九州市餓死事件の告発状を読む(素人ながら) | トップページ | 湯浅さんが「ネットカフェ」調査について(NHK「視点・論点」) »

労働組合」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166660/16336380

この記事へのトラックバック一覧です: 2日、青年ユニオン、すき家残業代払え 大宣伝:

« 北九州市餓死事件の告発状を読む(素人ながら) | トップページ | 湯浅さんが「ネットカフェ」調査について(NHK「視点・論点」) »