« グリーンスパン氏の小泉改革評価 | トップページ | 生活保護「ヤミの北九州方式」を糾す »

2008年2月 1日 (金)

「今目のまえにある貧困」

リクルートのフリーマガジン『R25』の最新号(1/24)の巻末のコラム

「空は、今日も、青いか?」(石田衣良=文)
第七十二回「今目のまえにある貧困」

では、日雇い派遣の人材派遣会社の手数料の高さから、現在の労働者派遣法の改
正問題をとりあげています。

最後に次の言葉、

「ぼくたちは目の前にある貧困を、もう一度考え直す時期にきたのではないか。
 労働者派遣法は、今年法改正が予定されているという。日雇い派遣という働き
かたについて、大企業だけでなく、働く若者の声もきかなければならない。法律
は新しい貧困層を生みだしてはいけない。
 今、難民の暮らしをしいられているR25世代は、公的な支援も利用して、なん
とか脱出してください。」

いま、下のページで全文が読めます。
http://r25.jp/magazine/sora/1252008012401.html

|

« グリーンスパン氏の小泉改革評価 | トップページ | 生活保護「ヤミの北九州方式」を糾す »

賃金・雇用」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166660/17917540

この記事へのトラックバック一覧です: 「今目のまえにある貧困」:

« グリーンスパン氏の小泉改革評価 | トップページ | 生活保護「ヤミの北九州方式」を糾す »