« 資源・食料、「投資」が価格3-4割押し上げ | トップページ | グッドウィル支店長ら残業代要求 「名ばかり管理職だ」 »

2008年7月20日 (日)

グッドウィル「名ばかり管理職」、労組が残業代支払い要求」の記事

 今月末で廃業となる「グッドウィル」の元支店長と現役支店長が、管理職時代の残業代未払いを求めて、労働組合として団体交渉に乗り出しました。

 以下、その初動を伝える、12,14日付の記事です。

 この記事に出てくる「派遣ユニオン」はこちらの労働組合。

■グッドウィル「名ばかり管理職」、労組が残業代支払い要求

 (2008年7月14日21時28分  読売新聞)
 労働組合グッドウィルユニオンは14日、今月末をめどに廃業予定の日雇い派遣大手「グッドウィル」(東京都港区)が支店長をいわゆる名ばかり管理職として扱っていたとして、同社と親会社のグッドウィル・グループ(同)に対し、同労組に加入している支店長と元支店長の2人に2年分の未払い残業代計約650万円を支払うよう申し入れた

 同労組によると、グッドウィルの支店長は労働基準法上の管理監督者とされ、残業代が支払われていなかったが、採用や出退社時刻の決定など管理職としての権限が与えられていなかったという。同社広報室は「個別に判断し、法律上必要があれば支払う」としている。

 同労組は14日、日本経団連と日本人材派遣協会に対し、同社の派遣労働者と正社員の雇用確保などを要請した。

■グッドウィル元支店長ら、未払い残業代請求へ
 2008年7月12日 朝日新聞
      
 今月末で廃業する日雇い派遣大手グッドウィルの元支店長と現役支店長が、管理職時代の残業代の支払いを求め、支援労組を通じて週明けにも会社に団体交渉を申し入れる。請求額は1人あたり300万円以上に上る見通しだ。同社には1千人以上の支店長経験者がおり、今後、請求が相次げば、請求総額は数十億円に達する可能性もある。

 20代の元支店長によると、06年1月から08年4月まで、労働基準法上、残業代が支払われない管理監督者扱いをされてきた。しかし、アルバイトに支払う残業代を節約するため、上司から「アルバイトを帰らせて支店長が残るように」と、たびたびメールや電話で指示され、月平均60~80時間程度の残業をしてきた。

 部下の採用や時給の引き上げなども支店長の裁量では決められず、上司の決裁が必要だった。月1回の支店長会議も、上司が経営方針を説明し、各支店長が業績を報告するだけで、元支店長は「とても経営に関与するような立場ではなく、『名ばかり管理職』だった」と主張する。

 この2人以外にも複数の支店長経験者が残業代を請求する準備を進めているという。支援する派遣ユニオンの関根秀一郎書記長は「突然の合意退職の申し入れで社員の不満もたまっており、廃業を契機に一気に未払い残業代の請求が広がる可能性が高い」と話す。今後、全国の支店長経験者らに未払い残業代の請求を呼びかけていく。

 グッドウィルは「個別に判断し、法律上、支払う必要があれば支払う」(広報室)としている。

|

« 資源・食料、「投資」が価格3-4割押し上げ | トップページ | グッドウィル支店長ら残業代要求 「名ばかり管理職だ」 »

賃金・雇用」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166660/41895501

この記事へのトラックバック一覧です: グッドウィル「名ばかり管理職」、労組が残業代支払い要求」の記事:

« 資源・食料、「投資」が価格3-4割押し上げ | トップページ | グッドウィル支店長ら残業代要求 「名ばかり管理職だ」 »