« 7.13反貧困全国キャラバン2008出発式(東ルート) | トップページ | グッドウィル「名ばかり管理職」、労組が残業代支払い要求」の記事 »

2008年7月17日 (木)

資源・食料、「投資」が価格3-4割押し上げ

 15日、経済産業省が発表した2008年度『通産白書』によると、原油、小麦、トウモロコシなど、一次産品価格の高騰について、実需以外の投資・投機資金により、3-4割価格を押し上げていると試算しました。

http://www.meti.go.jp/report/tsuhaku2008/index.html

 原油や食料の価格成要因について、政府がまとまった分析を発表したのは、初めてだそうです。

■資源・食糧高騰、25~48%「実需以外」 通商白書
2008年7月15日 朝日新聞

原油先物価格が最高値を更新するニューヨーク商業取引所=ロイター。穀物高騰にも投機資金の影響が指摘されている
 経済産業省は15日、08年版通商白書を公表した。高騰が続く原油、銅、小麦、トウモロコシの4品目の市場価格について、「実需」と、投機マネーや生産国の輸出規制など「それ以外」の要因に分解。5月時点の価格のうち、25~48%までが「実需以外」の押し上げ効果と分析した。

 白書によると、資源や食糧価格の高騰が始まったのは00年前後から。00年4月から08年4月までの間に原油が4.4倍、銅が5.2倍、小麦は3.4倍、トウモロコシは2.6倍に跳ね上がった。

 その要因として、(1)中国・インドなど新興国の需要急増(2)巨額の投機マネーの商品市場への流入――など「様々な要因がある」と指摘。近年の急激な高騰は「投機マネーの流入が大きな役割を果たしていると考えられる」とした。

 原油については、08年5月時点の1バレル=125.5ドルのうち74.7ドル(60%)が「需給バランスで説明できる部分」と分析。残りの50.8ドルは「需給で説明できない要因」と切り分けた。銅も同様に1トン=8400ドルのうち需給は6300ドル(75%)、残りは2100ドルとした。

 一方、小麦1ブッシェル=7.8ドルのうち5.1ドル(65%)が「(需給に直結する)在庫変動のみで説明できる部分」。2.7ドル分は「天候変動や生産国の輸出規制、投機マネーなど複合的な要因」とみた。トウモロコシも1ブッシェル=6ドルのうち前者が3.1ドル(52%)、後者2.9ドルと分析した。

 需給面では、原油は世界の需要増加量のほとんどが中印など新興国が占めた。食糧も新興国の需要増の影響があるが、新興国の所得増に伴って飼料穀物を大量に使う肉類の消費が増え、トウモロコシを原料とするバイオ燃料生産の増加などもある、とした。

 白書は投機資金流入の背景についても分析し、(1)00年以降の世界的な低金利が続くなか、ハイリスクの株式・債券と値動きが異なる一次産品が「保険」となった(2)米サブプライム問題以降、中長期的な需給切迫が見込まれる資源・食糧が有望な投資先として注目された――ことを挙げた。

 一方、世界経済の現状について、中国、インドなど40億人の新興国が10億人の先進国と一体化を強め、「50億人の新市場が成立した」と分析。世界経済の「新たな原動力」と位置づけた。(村山祐介)

asahi.com(朝日新聞社)
http://www.asahi.com/business/update/0715/TKY200807150359.html

|

« 7.13反貧困全国キャラバン2008出発式(東ルート) | トップページ | グッドウィル「名ばかり管理職」、労組が残業代支払い要求」の記事 »

統計・白書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166660/41882756

この記事へのトラックバック一覧です: 資源・食料、「投資」が価格3-4割押し上げ:

« 7.13反貧困全国キャラバン2008出発式(東ルート) | トップページ | グッドウィル「名ばかり管理職」、労組が残業代支払い要求」の記事 »