« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009年2月 4日 (水)

8日、ETVで「米国人ジャーナリストが記録したカストロ政権」

HNK関連ばかりなのですが、来週日曜日、ジョン・アルパート出演なので、これは楽しみです

NHK教育、2009年 2月8日(日)午後10時00分~11時30分 放送予定

ETV特集 第259回
キューバ革命 50年の現実
~米国人ジャーナリストが記録したカストロ政権~


http://www.nhk.or.jp/etv21c/lineup/index.html

以下、ホームページより。

2009年1月1日、キューバ革命によりカストロ政権が誕生してから半世紀を迎える。この間、キューバは米国と国交を断絶し、経済制裁を受けながらも独自の社会主義路線を堅持してきた。キューバ社会を36年間、記録し続けてきた一人のアメリカのジャーナリストがいる。ジョン・アルパート(60)。彼は72年、国交のないキューバにボートで渡り、革命後のキューバの撮影に初めて成功した。以来、祖国の敵国キューバの人々の素顔を撮影し続けてきた。アルパートはカストロ議長のインタビューにこれまで3回成功。36年間に渡って記録し続けてきた映像は革命後のキューバ社会の変遷を伝える貴重な記録である。

革命50年目を迎えるにあたり、アルパートは、今年暮れからキューバに入り、これまで記録し続けてきたキューバの人々の姿を追うことにした。革命によって土地を手に入れた農民ボレゴ三兄弟。ハバナの旧市街で出会った少女カリダット。ソ連崩壊後の経済危機の中、盗みで生計を立てていたルイス。彼らの記録は革命から半世紀を経たキューバ社会の鏡でもある。キューバ経済で急速にプレゼンスを増す中国、格安な原油提供でキューバ経済を支える反米国家ベネズエラ、観光開発での積極的な外資導入・・・。半世紀前、革命政権が目指した平等な社会、しかし国民の間には深刻な経済格差が生まれ、豊かさを求める国民の海外亡命はやむことがない。

番組はビデオジャーナリストの先駆者ジョン・アルパートが36年間、記録し続けている映像と最新の映像を交えキューバ社会の変遷を伝える。スタジオにはジョン・アルパートを迎え、藤澤秀敏解説委員長とともにキューバ革命とは何だったのかを検証する。

出演者:藤澤秀敏解説委員長、ジョン・アルパート

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 3日 (火)

2月7日、NHK 「日本の、これから」テーマ「雇用」

2月7日(土)21:00~NHK総合テレビにて放送

 「日本の、これから」は、スタジオに一般の市民と有識者が集まって、日本が直面している様々な問題を議論する“予定調和なし”の生放送番組です。

 これまで「格差社会」、「年金」、「裁判員制度」などを取り上げてきましたが、今度のテーマは「雇用」です。

 金融危機による世界経済の悪化により、企業では派遣社員の解雇、内定者の取り消しなど大きなリストラが行われています。
厳しい状況が続く「雇用」の現状とこれからについて、あなたが今、感じていることや体験談、具体的な解決策などを含めたご意見をお寄せ下さい。

http://www.nhk.or.jp/korekara/

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »