2008年9月15日 (月)

ビクトル・ハラが残すもの

Victor_jara00022  11日夜、有楽町のよみうりホールでのイベント「VICTOR JARA~もうひとつの9.11」に行きました。

http://www.ongakucenter.co.jp/other/911Victor%20Jara/victor%20jara_04.html

 冒頭は、伊藤千尋さんの熱弁で、ハラの時代のチリの状況をふりかえり、今日の南米の左翼政権樹立の流れが、70年代から民主化の歴史とつながっているんだということ。

 そして主宰者の横井久美子さんが、「アマンダの思い出」など代表曲を5,6曲会場と歌った第一部でした。

 

続きを読む "ビクトル・ハラが残すもの"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 7日 (木)

ピータ・グラルニック著『エルヴィス伝』

「日経新聞」2月3日付の「読書」欄に、アメリカ関係が2冊並んでとりあげられていました。

ピーター・グラルニック著/三井徹訳[『エルヴィス伝』、みすず書房、8000円

http://www.msz.co.jp/book/detail/07333.html

渡辺靖著『アメリカン・コミュニティ-国家と個人が交差する場所 』新潮社、1600円です。

http://www.shinchosha.co.jp/book/306031/

続きを読む "ピータ・グラルニック著『エルヴィス伝』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月11日 (日)

Joni Mitchell "Shine"

Shine ジョーニ・ミッチェルが「10年ぶりにピアノに呼ばれた」という新作「Shine」。
月刊『PLAYBOY』のコラムで、ピーター・バラカンさんが取り上げていました(「ブロードキャスターの音楽日記」、12月号)。

続きを読む "Joni Mitchell "Shine""

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月24日 (木)

タテタカコさんの『情熱大陸』(TBS)

Jyounetu_tate 最近、一押しの日本人アーティスト、タテタカコさんの『情熱大陸』(TBS、20日、23:00~23:30 OA)を見ました。

「シンガーソングライター・タテタカコ、28歳。」

続きを読む "タテタカコさんの『情熱大陸』(TBS)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月21日 (日)

わったーのしまはわったーが守る

Peacemusics1 20日夜、吉祥寺 StarPines Cafeでの「Peace Music Festa! 2007 辺野古
〜わったー地球(しま)はわったーが守る〜」プレ企画を見に行きました。
http://peacemusic.ti-da.net/

出演は、
・サヨコオトナラ
・ソウル・フラワー・モノノケ・サミット
・DUTY FREE SHOPP. × カクマクシャカ from 沖縄

沖縄・辺野古のキャンプシュワブ沿岸を埋め立てる、米軍V字型海上滑走路の建設計画が日米両政府によって進められています。これに体をはって訴える、オジー、オバーたちの座り込みは1000日を越えました。
http://blog.livedoor.jp/kitihantai555/

2月24,25日、この舞台、辺野古・海岸で開催される「ピースミュージックフェスタ」。その成功へ東京、大阪で仕掛け人となっているソウル・フラワーを中心にライブが企画されました。

Soul Flower のライブをはじめて目の当たりに。「立て万国の労働者」「ああわからない」「がんばろう」といった労働歌、風刺歌をオキナワン・ロックにアレンジ(一部改詞)。そんな曲目に、満員のお客さんが歌う、踊る。ちょっと、今、ここは何処? って目が眩む感じがありました。

私の学生時代の政治集会とか、今ならメーデー会場とか、「うたごえ喫茶」で聞いたようなラインナップですから。

う~ん。これは現代の「壮士演歌」なんでしょうか。もちろん、ステージは楽しみました。ギョロギョロ、お客を見回す中川敬さんの「眼力」は並じゃないです。

最初のサコヨオトナラさん。
ぜんぜん知らない、レゲェトリオでしたが、すごい実力でした。
http://www.alte.com/sayoko/news.html

最後は、ヒップ・ホップの若い男の子二人(といっても25歳くらい)。沖国大のヘリ墜落事故なども題材にとりあげて、時代精神が生きてる。

基地は何の解決にもなりません。ライブは、現実への答えのシンプルさを、圧倒的に教えてくれます。

また辺野古へ行かなくちゃな~。(とは、言うものの、無理だよなー)

| | コメント (2) | トラックバック (1)