2008年11月17日 (月)

17日NHKスペシャルで「アブグレイブ刑務所事件」

NHKスペシャルで、イラク戦争の実態を知る題材が放映されます。

2008年11月17日(月) 午後10時00分~10時49分

総合テレビ 「微笑と虐待~証言 アブグレイブ刑務所事件~」

http://www.nhk.or.jp/special/onair/081117.html

 2003年にイラクで起きたアブグレイブ刑務所虐待事件。兵士たちが笑顔でイラク人収容者を虐待している様子を写した写真は世界を驚愕させた。事件発覚後に行われた軍法会議では、虐待・拷問は兵士たちの自由意志で行われたと認定。写真に映っていた、もしくは撮影した7人は全員が有罪、降格の上、軍を放逐された。しかし、虐待を命令したとされる軍上層部は罪に問われなかった。アブグレイブ刑務所がいつからどのようにして虐待の舞台になっていったのか、なぜ兵士たちは満面の笑みを浮かべて虐待・拷問に加わったのか、番組では、虐待をした女性の元上等兵、虐待写真を内部告発した元憲兵、そして刑務所の最高責任者だった元准将から生々しい証言を得ることに成功した。彼らの証言から浮かび上がってきたのは、アメリカがイラクの民主化という「善意」とテロとの戦いという「理想」を掲げる一方で、密かに進行していたアメリカ軍の狂気そのものだった。新たに得られた3人の証言や記録をもとに、アブグレイブ刑務所虐待事件の知られざる真相に迫る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月18日 (水)

メディア企業のなかの「フリーランス」

 17日、出版労連の一部門である、「出版ネッツ」の企画に出ました。場所は、文京シビックタワーの会議室。私の仕事の時間がやりくりつかず、最後、45分程度しか、聞けなかったのが残念でした。

 テーマは、「メディア企業の中のフリーランス」。今、出版業界にも、たくさんの派遣労働、個人請負業者のようなフリーランスのライター、イラストレーターなどが働いています。
 彼らは、出版会社の正社員とは、当然のごとく賃金、条件がまったく違い、各業種に導入された非正規社員と同様、いわば「ワーキングプア」の状態に置かれているわけです。

 今晩のお話は、そうした個別的な労働者が、横に手をつなぎ、お互いの状況に共感し、そして、会社、社会にどう自らの状態をアピールし、変えていくかという、お題であったようです。

 しかも、「社会の鏡」であるはずの、ジャーナリズム業界にいる、「ワーキング・プア」がまともに陽が当たっていない、というところに問題の根深さがあることも、話されておりました。

 この分野の、今後の活動の広がりに注目します。

続きを読む "メディア企業のなかの「フリーランス」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月12日 (木)

NHKは放送倫理違反、「慰安婦」番組問題でBRCが見解

 10日、「放送と人権等権利に関する委員会」(BRC)は、昨年一月のNHK番組改変裁判高裁判決についてのNHKニュースでの内容が、放送倫理違反であったとの見解をしめしました。

 なお、BRCの運営規則で、裁判で係争中の事案は審理対象から除外しているため、今回は、「裁判報道についての審理であって、訴訟事案そのものを扱ったわけではない」(竹田稔委員長)ということです。

続きを読む "NHKは放送倫理違反、「慰安婦」番組問題でBRCが見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12日 「ETV2001」裁判の最高裁判決が

 今日12日に、「ETV2001」という戦争性犯罪を扱ったNHK番組改変問題で、最高裁の判決が出ます。

 ジャーナリスト諸団体が、いっせいの行動を展開していますが、その一つ「放送を語る会」では、NHKの報道姿勢を、前もって、釘をさす要請文を、NHK会長、経営委員長宛に出しています。

http://www.geocities.jp/hoso_katarukai/kouheihoudou.html

続きを読む "12日 「ETV2001」裁判の最高裁判決が"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月29日 (木)

JAMthe worldで多喜二

今週、J-Waveの夜の番組、「JAM The WORLD」で、今、話題の『蟹工船』の作者・小林多喜二について、連続インタビューで取り上げています。21:25からの「CASE FILE」というインタビュー番組。本日、28日が最終です。

http://www.j-wave.co.jp/original/jamtheworld/casefile/index.htm

続きを読む "JAMthe worldで多喜二"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月18日 (日)

国民が「命」を吹き込む大切さ 憲法と政治

JCJのメールニュースで、知ったこの社説。

「西日本新聞」 5月2日付社説「国民が「命」を吹き込む大切さ 憲法と政治

 「憲法42条に定めた2院制は、マッカーサー草案では1院制になっていたものを日本側の要求で実現させた条項」だということ。

 「3分の2」再議決の仕組みがあるのは、民意に従わない政治の暴走に歯止めのためとの指摘は、「ねじれ国会」の見方として、重要。

続きを読む "国民が「命」を吹き込む大切さ 憲法と政治"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月14日 (金)

【情報】明日、BS特集でジョン・アルパート氏インタビュー

 明日15日、夜の放送で、ビデオジャーナリストのジョン・アルパート氏のインタビューが放映されます。イラク戦争でのドキュメンタリーで活躍する氏が、開戦5年について、どんなメッセージを発するか。

NHK BS特集 未来への提言「ビデオジャーナリスト ジョン・アルパート」
チャンネル :BS1
放送日 :2008年 3月15日(土)
放送時間 :午後10:10~午後11:00(50分)

続きを読む "【情報】明日、BS特集でジョン・アルパート氏インタビュー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 4日 (火)

徹底討論 NHK「再生」の道

1日〔土曜日〕、メディア総研の主催した、シンポジウムを聞いてきました。

緊急公開シンポジウム
徹底討論! NHK「再生」の道
 日 時:2008年3月1日(土)午後1時から午後5時
 場 所:東京・四谷「プラザエフ」

続きを読む "徹底討論 NHK「再生」の道"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月31日 (水)

ジャーナリストの死

 9月27日、取材中、ミャンマーで射殺された長井健司さんに対する追悼文を広河隆一さんが書かれていました。日本ジャーナリト会議(JCJ)の機関紙 「ジャーナリスト」07年10月号1面の記事です。

続きを読む "ジャーナリストの死"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月22日 (水)

東京新聞 埼玉知事選ドキュメント

 16日付、「東京新聞」埼玉面が、26日投票で行われている埼玉県知事選に関する「ドキュメント」を掲載しました。

 よく取材された記事で、選挙記事としても、今の日本の平和、憲法をめぐる問題を考える際にも、ふりかえりたい内容でした。

 【埼玉】ドキュメント’07知事選 終戦記念日 平和への思い訴え
2007年8月16日「東京新聞」

続きを読む "東京新聞 埼玉知事選ドキュメント"

| | コメント (0) | トラックバック (2)