2007年3月 5日 (月)

人の姿が見える地域の時代と協同組織金融機関

 3日、午後、協同金融研究会主催の、第4回シンポジウム「人の姿が見える地域の時代と協同組織金融機関―組合員(会員)との濃密な関係の再構築をめざして―」を聞きました。場所は、水道橋駅下車、日本大学経済学部7号館、講堂。
 
 この「人の姿が見える地域」とは、そこに住む人々が「ここは“自分の街”と実感できる」ような地域のことだと、企画趣旨で説明されています。「失われたわが街の賑わいの再生を賭けて頑張る地域の人々と協同の活動を進める金融機関、それが“協同組織金融機関のあるべき姿”といえるでしょう。そのためにも、これまで以上に組合員(会員)との関係の濃密化を推進する必要があります」。
 
 規制緩和など、市場主義的な経済推進は、地域を急速に衰退させてきました。信用組合、信用金庫などの協同組織金融機関は、この流れに対し、いかに歯止めをかけうるのか。「人の姿が見える地域の時代」とは、その対抗軸として有効な方向性だろうと思います。
 
 それは、地域貢献という「商売ぬき」「非価格的競争」といった、経営体としては利益に逆行するやり方が、実は、顧客の金融機関への信頼性を培い、そこから顧客ニーズをつかむことによって、営業にもプラスに働くと言う、あたらしいパラダイムを提起している。シンポジウムの出席者の発言からは、そうした市場主義への新たな経営スタンスへの自身が垣間見られたような気がします。

続きを読む "人の姿が見える地域の時代と協同組織金融機関"

| | コメント (0) | トラックバック (0)