2008年9月27日 (土)

緊急企画・雇用能力開発機構廃止問題を考える

 昨晩、開かれた緊急企画『雇用能力開発機構廃止問題を考える』というのに、参加しました。(文京スポーツセンター会議室、18:30~)

 9月17日に、「行政減量・効率化有識者会議」が、「雇用・能力機構」の廃止の方針を確認しました。

 独立行政法人雇用・能力開発機構とは、
「労働者の有する能力の有効な発揮及び職業生活の充実を図るため、雇用管理の改善に対する援助、公共職業能力開発施設の設置及び運営等の業務を行うとともに、勤労者の計画的な財産形成の促進の業務を行う」と設立目的にあります。

 つまり日本の公的な職業訓練を担ってきた機関ということです。

続きを読む "緊急企画・雇用能力開発機構廃止問題を考える"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 7日 (月)

ブログ「がぶり寄り」が幕を閉じる

 このブログでも何度か、引用をさせていただきました、国家公務員一般労働組合のオルグ(専従者)のブログ「がぶり寄り」さんが、「終了宣言」を掲載されていました。

http://kokkoippan.cocolog-nifty.com/gappuri/2008/03/post_3562.html

 私が、このブログの存在の魅力を、大いに知らされたのは、このブログを主催する担当者に原稿をお願いして、そのなかで、ブログに寄せられた非常勤職員の生の声を紹介されていたことがきっかけでした。

続きを読む "ブログ「がぶり寄り」が幕を閉じる"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月20日 (金)

初公表! 霞が関・非常勤の労働条件の全貌

 17日、国公一般(国家公務員一般労働組合)は、記者会見で、霞が関の全省庁で働く非常勤国家公務員(事務補助員)の「労働条件の一覧」の資料を発表しました。(於・厚労省記者クラブ)

 ご案内メールをもらったので、記者クラブにおじゃまし、資料発表を聞かさせていただきました。

続きを読む "初公表! 霞が関・非常勤の労働条件の全貌"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年7月12日 (木)

日本の「公」がボロボロに(『東洋経済』7.14号特集)

 週刊『東洋経済』7月14日号特集「ニッポンの公共サービスと公務員」は、日本の「公共」がボロ雑巾のように、スクラップにされようとしている状態を、取り上げたと思います。

 網羅している題材も、取材の切り口も突っ込んであり、単純な「公務員バッシング」に乗っけられない為にも、多くの人に読んで、悩んでみることが、求められる内容だと思います。

続きを読む "日本の「公」がボロボロに(『東洋経済』7.14号特集)"

| | コメント (0) | トラックバック (1)